【代表決定】ミス・スプラナショナル・ジャパン沖縄2018、仲本百合香さんに決定!

Twitterで速報を流しましたが、去る2月25日(日)に、「ミス・スプラナショナル・ジャパン沖縄2018第一回オーディション」が無事終了いたしました。

会場にはオーガナイザーの高橋睦実、そしてアドバイザーのジリ・ヴァンソンも駆けつけました!
広報担当も遠隔で参加し、みなさまのお姿を拝見いたしました。

 

オーディションにはすばらしい応募者が集まり、まさに「しのぎを削る」といっても過言ではない闘いでした。

そしてまことに勝手ながら、締め切り前ではありますが、これにて最終選考とさせていただきました!

もちろん、締め切り前に終了にするのはいかがなものかと運営の中でも話し合いが行われました。

しかし、「これ以上の応募者はきっと現れないだろう――」満場一致で意見が一致し、他県でも続々と代表者が発表されていくなかで、これは急がなければならないと決断をいたしました。

何より、チャンスをすぐさま掴める行動力と決断力。

そういったところも選考委員たちは見逃さないポイントでした。
再三の勝手ではございますが、どうぞご理解いただけますと幸いです。

 

そして――!

長い長い協議の末、ミス・スプラナショナル・ジャパン沖縄2018代表に選ばれたのは……

沖縄県出身の仲本百合香さん(23)です!

ミス・スプラナショナル・ジャパン沖縄2018代表 仲本百合香

★仲本百合香(Nakamoto Yurika)

生年月日 1995年2月4日
出身地 沖縄県
身長 173cm
スリーサイズ B 79 W 67 H 88
特技・趣味 スポーツをすること、観戦すること
バレーボール
Instagram yuuurk_nkmt

【MSJを志した理由】
自分の可能性への挑戦です。
私は小学3年生から大学4年生まで13年間バレーボールを続けてきました。
大学4年の最後の試合が終わった時、「バレーボールは十分やりきった」と思い、別の世界に挑戦したいと思いました。

生まれ持った背の高さや手脚の長さを活かしたいと考えた時に、ミスコンテストやモデルの道に挑戦してみようと思いました。

 

【世界一になった後のヴィジョン】
モデルとして、ショーやコンテストなどに自分がやりきったと思えるまでチャレンジし続け、チャレンジすることに躊躇っている人々の背中を押せる存在になります。

そして私を見てくれた人に夢や希望、感動、幸せを届けることができる
そんな強く、美しく、輝いた女性になります。

 

★選考のポイント
まずは長い手脚はもちろんのこと、頭と体のバランスのすばらしさが目を惹きました。
そして彼女のピュアな初々しさ、エレガントさは、未知の可能性を感じさせてくれました。
カメラマンも「一番の原石だと感じる」とコメントをしたほどです。

何よりも「なぜ応募したのか?」という質問に対して、しっかりとはっきりと答えられたことが決め手となりました。

そのときのコメントなどは、後日ご紹介できればと思います。

 

仲本さん、日本大会、そして世界大会に向けて、がんばってくださいね!

みなさまもぜひ、応援をよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。